読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

返品不要なほど!?プリンセスが格安!

どちらも使い勝手は同じです。同シリーズの冒険偏と一緒に購入しました。本作は女の子用。

こちらになります!

2017年03月17日 ランキング上位商品↑

シリーズ プリンセス子供に安心して与えられるゲームシリーズ 世界名作童話 親子で読めるゲーム絵本 プリンセス編

詳しくはこちら b y 楽 天

物語を読むこととクイズゲームも楽しめます。よって評価ができない状態です。よかれと買ってみましたが!同じシリーズの冒険編が期待していた割にがっかりしたせいで息子が手も出してくれません。大人でも知らないタイトルもあることもさることながら、知っている内容と異なるものもあったりと新たな発見はありました。低学年くらいまでは楽しめそう。繰り返し聞くほどではないですが!他の作業中に聞いたりできてかんたんです。。ただ!タイトルが絵本と称されているのでしょうがないのかもしれませんが!絵は3D対応などされておらず!エフェクトなどもないので!この辺りが退屈と感じてしまう方もおられるかもしれません。楽しかったようで!あっという間にすべての物語を聴きました。クリスマスプレゼントに購入したのでまだ未開封ですが!新品でこの価格に満足です。値段も安く購入できた上とてもおもしろかったです。冒険編とともにポイント考慮すれば、600円クラスで購入できたことも決め手になりました。でも、バーゲンでなければ買いません。クレジットからも分かるように、「美女と野獣」:田村ゆかり 「いばら姫」:大谷育江 「七夕物語」:高山みなみ「雪娘」:浅野真澄 「人魚姫」:能登麻美子となってます。ディズニーの話と違うので、最初は『こうだった』『あぁだった』と途中で口出ししてましたが、次の話からは受け入れられるようになったようです。 このシリーズは他に冒険編となる男の子の用が存在するのですが、制作が「ひぐらしのなく頃に」を筆頭にギャルゲーを多産しているアルケミスト。内容は至極真面目なもので、子どもの情操教育等を考えてもなかなか良いものだったと思います。セーブできるのかがわかりにくいです。 結局!購入のきっかけとなったのはその超豪華ともいえる声優陣でした。知っているお話でも人の読み聞かせで、さらに有名声優さんの声の演技で新鮮に楽しむことができました。蛇足ですが!確かに純粋に絵本ではあるのですが!声優陣だけ見るとどうしても大きなお友達向けに制作されているとしか思えない点もw安さを考えたら気分転換に○かな。注文してからすぐ届きました。